低費用でのマンション管理|余分な税金をカットする方法|賃貸法人契約で賢く節税

余分な税金をカットする方法|賃貸法人契約で賢く節税

男性

低費用でのマンション管理

マンション模型と人

管理会社の役割と特徴

賃貸マンションの経営を効率的に行うためには、マンション管理会社の存在は必要不可欠です。マンション管理会社はマンションの管理業務を専門に行う管理代行業者であり、賃貸マンションの保有者からの依頼に基づいて業務を行います。マンション管理会社の役割は、テナントからの賃料の回収やマンションのセキュリティ管理、それにマンションの設備や備品のメンテナンス業務を行う事です。こうした業務を行うにあたって必要となる経費や部品は全て賃貸マンション保有者の負担となり、こうした実費にマンション管理業者の取り分となる業務委託管理手数料を上乗せした金額を、賃貸マンションの保有者はマンション管理会社に対して支払う必要があるのが特徴です。

費用を抑えて委託する方法

マンション管理業務を全て管理業者にアウトソースするためには、マンション管理業者に対して管理委託手数料を支払う必要があります。管理費用の相場はマンションが所在する地域やマンションの規模によって異なりますが、一般的には管理する延べ床面積に応じて決まります。相場としては1坪あたり約1000円程度といのが一般的であり、たとえば管理対象の面積が1000坪のマンションでは月額の管理費用は100万円という事になります。但し、管理会社から受けるサービスの内容を抑える事によって管理費用は一定抑制する事が可能です。例えば、管理人を常駐させるサービスをやめて巡回型の管理にすれば、人件費を抑制する事が出来るので管理費用を抑える事が可能です。