本社機能の移転|余分な税金をカットする方法|賃貸法人契約で賢く節税

余分な税金をカットする方法|賃貸法人契約で賢く節税

男性

本社機能の移転

オフィス

代表的な移転プラン

成長が著しいベンチャー企業の中には、現在使っているオフィスの狭さで悩んでいるケースも多く、早期の本社機能の移転が最大のテーマです。ベンチャー企業の多くがマンションの一室からスタートしているので、本社機能が複数のビルに分散している場合が多いです。そこでオフィス移転を考える場合には、本社機能の集約が一番の課題であり、面積の広い賃貸物件を見つけることが重要です。物件探しから本社機能移転までトータルサポートする業者の活用で、オフィス移転の実現までの流れもスムーズになるでしょう。ワンフロアが100坪以上の物件や、建物全体が使える中規模のビルへの引越しを実現することが、オフィス移転で業務の効率化を達成するための基本です。

物件選びと内装のポイント

十分な面積の賃貸オフィスを探すことも大切ですが、賃料が割安な物件を仲介業者に紹介してもらったうえで、その中から候補となる賃貸事務所を選ぶのが理想的です。借りる物件が見つかった場合には、速やかに内装業者と相談をして、使いやすいオフィスデザインのプランを提案してもらうべきです。時代とともに業態が大きく変化するのがベンチャー企業の特徴であり、柔軟に内装の変更ができるプランが最適です。パーティションをはじめとした、オフィス用の内装資材を上手に活用することで、使いやすい間取りが実現できるでしょう。割安な中古オフィス家具を上手に組み合わせる方法もありますが、オフィス移転業者のネットワークを活用して、新品を格安に購入するのが良い方法です。