余分な税金をカットする方法|賃貸法人契約で賢く節税

男性女性

安すぎず高すぎず

会議

設備が整った貸し会議室は浜松町に数多くありますが、利用する際にはお得に利用できるサービスがおすすめです。浜松町の貸し会議室サービスでは、企業研修や学会やセミナーなど様々な目的に使用できます。インターネット環境やプロジェクターなどの設備も整っていてスタッフの対応も1流です。

もっと知ろう

本社機能の移転

オフィス

ベンチャー企業がオフィス移転を考えるときには、本社機能を一か所に集約するために、面積の広い物件を探すべきです。移転から内装まで総合的にサポートする業者を活用して、柔軟に改造ができるオフィスデザインを提案してもらうのがポイントです。

もっと知ろう

法人が賃貸契約するには

女性たち

事業を行っていく場合においての区分として、個人と法人があります。実際のところ大きな事業をしているのが法人といったイメージがありますが、その違いは法人として登録されているかどうかです。また個人と法人どちらが有利かというと、法人の方が税制面において有利ですし社会的信用度も高まるため、事業を継続して行っていく場合には法人化するのが一般的です。例えば個人であれば事業収入は所得となるので所得税が掛かり最高では40%で住民税など合わせるとおおむね半分以上が税金として支払わなければいけません。一方で法人では所得税ではなく法人税ですが、税制の優遇などから個人として行うよりも税金の負担が軽くなります。また賃貸契約においても賃貸法人契約を利用することができます。

賃貸法人契約とは、法人名義で賃貸物件を借りるというものです。このため賃料は会社から支払うことになりますが、それらは代表者はもちろん従業員も利用することができます。つまり賃貸法人契約では社宅を作るということになります。賃貸法人契約によって社宅化するメリットとしては、借りる人は格安で住居を確保できるということです。一方で会社側にとっても給料を多く支払うよりも社宅に住まわせることで、節税効果を得ることができます。これは個人よりも法人が有利という代表的な例です。一方で賃貸法人契約を認めていない賃貸物件もあるため物件選びの選択肢がやや制限されるのが難点ですが、社宅を作ることで節税はもちろんさまざまな面での節約効果を得ることができます。

低費用でのマンション管理

マンション模型と人

賃貸マンションの経営を効率的に行う上で必要不可欠な存在であるマンション管理会社の役割は、テナントからの賃料回収やマンション設備のメンテナンス業務、セキュリティ管理業務等となります。一定の管理委託手数料が必要ですが、サービスの範囲を抑えれば費用も抑える事が可能です。

もっと知ろう